借入可能な金額は?

学生がお金を借りるといってもはやり、正社員で働いている人のようにたくさん借りるという事は不可能です。そのため、学生ローンの限度額は低めに設定されています。そしてその金額は原則50万円までと決まっています。なぜこのような決まりがあるかというと、50万円を超える融資を行うと「貸金業法」との関係で手続きが面倒になってしまうからです

お金稼ぎがあるといっても月に数万円の稼ぎでは何百万というお金を貸すのはリスクが多すぎるので50万円までなら返せるだろうという配慮もあり、このような決まりがあります。ですが、これはあくまで上限が50万円までなので、収入や条件によっては50万円も借りられない場合もあるので、絶対に50万円借りられるわけではないという事を覚えておいてください。

また、年収の3分の1までしか貸付できないという「総量規制」という法律があるため、例えば、年収が60万円なら20万円までしか貸付できないのでこの法律もしっかりと覚えておきましょう。このように、学生がいくらくらいまで借り入れが出来るか理解してから借り入れをしましょう。上限は50万円までですが、測量規制で50万円借り入れるためには年収150万円以上なければいけません。学生ではなかなか難しい金額なので、現実的には上限まで借りられるのは難しいと思ったほうがいいでしょう。